コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壙墓 どこうぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土壙墓
どこうぼ

大地に穴を掘るのみで,ほかになんらの設備も施さない。この形式の墓は古今東西を通じて普遍的に存在したといえるが,特に中国では殷のある種の墓,朝鮮では青銅器類を副葬する墓,日本では弥生時代のある種の墓に対して,この名称を用いることがある。しかし朝鮮の土壙墓は実際は木槨墓である場合もあるし,弥生時代の土壙墓からは木棺の痕跡が見出されることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どこうぼ【土壙墓】

土中に小規模な竪穴を掘り,遺骸を棺などを媒介とせず,布などで包んで直接埋める埋葬様式。壙は墓穴の意で土壙ともいう。また土坑墓と書かれることもある。木,石,煉瓦などで壙壁を保護するものと区別する。平面形は屈葬なら不整円形が多く,伸展葬の場合は楕円形長方形となる。ただし,木棺など腐朽しやすい有機質の棺が壙内に置かれ,のちに棺の痕跡を残さないものも土壙墓と呼ぶことがある。土中に穴を掘って死者を葬る習俗旧石器時代に既に認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どこうぼ【土壙墓】

土中に穴を掘っただけの墓。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土壙墓
どこうぼ

弥生(やよい)時代の人体埋葬施設。長さ2メートル未満の長方形ないし長楕円(ちょうだえん)形の穴を深さ30センチメートルぐらいにわたり埋土を取り除くと、底面平坦(へいたん)な細長い竪穴(たてあな)が現れる。ときとして人骨が残存し、副葬の銅剣など青銅器もあり、墓壙(ぼこう)であることが判明し、土壙墓と名づけられた。兵庫県尼崎(あまがさき)市田能(たのう)遺跡(弥生時代)などの例では、割板による木棺が残存していた。おそらく、人体をじかに土中に埋葬したものではなく、木棺に入れるとか、莚(むしろ)に包むなりして、墓壙に埋葬したが、長い年代を経るうち、木質など有機質のものが土に化してしまったものと思われる。
 表土下の基盤をなす土層を掘りくぼめて遺体を埋葬する竪穴を掘ることは、すでに縄文文化早期から行われていた。熊本県宇土(うと)市轟(とどろき)貝塚の貝輪を両腕にはめた女性屈葬人骨も、土壙内に埋葬され、土壙の周囲に自然石が数個配置されていた。土壙上に平石を数個敷き並べたものは石蓋土壙墓とよんでいる。[江坂輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土壙墓の言及

【墳墓】より

…墓穴のことを中国では壙(こう)という。日本考古学においては,墓と無関係であっても人が掘った穴を土壙(坑)(どこう)と呼び,そして墓穴以外の設備・構造が遺存していない墓,あるいはその痕跡をとどめていない墓を土壙墓(どこうぼ)と呼んでいる。土葬は,遺体をまっすぐ伸ばした形で葬る伸展葬(しんてんそう)と腕・脚を折り曲げた形の屈葬(くつそう)に大別でき,それぞれの姿勢の向きによって,仰向け(仰臥(ぎようが)),横向き(横臥(おうが)),うつ伏せ(俯臥(ふが))に区別できる。…

※「土壙墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土壙墓の関連キーワードアファナシェボ文化埋甕(まいよう)エーブベリー遺跡エトルリア美術静内御殿山遺跡鄭州二里岡遺跡礼安里古墳群太田黒田遺跡擦文土器文化仲仙寺古墳群一の谷墳墓群台城里古墳群皇娘娘台遺跡吉野ヶ里遺跡黒土地帯文化石ヶ崎支石墓ウバイド遺跡天神原遺跡植別川遺跡裴李崗遺跡