コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静止トランスファー軌道 セイシトランスファーキドウ

デジタル大辞泉の解説

せいし‐トランスファーきどう〔‐キダウ〕【静止トランスファー軌道】

人工衛星を静止軌道にのせる際、一時的に投入される軌道。ロケットを打ち上げて一気に軌道高度が高い静止軌道にのせることは力学的に困難なため、近地点高度が数百キロメートル、遠地点高度が静止軌道と同じ赤道上空約3.6万キロメートルという細長い楕円軌道に投入させる。この後、遠地点でアポジーモーターにより推力を与え、静止ドリフト軌道となる。静止遷移軌道GTO(geostationary transfer orbit)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

静止トランスファー軌道の関連キーワードH‐IIAロケットHパーキング軌道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android