静止摩擦係数(読み)セイシマサツケイスウ

大辞林 第三版の解説

せいしまさつけいすう【静止摩擦係数】

最大静止摩擦力と摩擦面にはたらく垂直抗力との比。接触面の性質によって決まる定数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいしまさつ‐けいすう【静止摩擦係数】

〘名〙 最大摩擦力と垂直抗力との比。静止している物体に働く摩擦力の最大値は、物体と物体のおかれている面とが、面に垂直な方向に押しあっている力の大きさに比例する。普通、一より小さい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android