静脈の血圧(読み)じょうみゃくのけつあつ

家庭医学館「静脈の血圧」の解説

じょうみゃくのけつあつ【静脈の血圧】

 静脈病気下肢(かし)に多いのですが、血圧のなかでもとくに問題になるのは、下肢静脈圧(かしじょうみゃくあつ)です。
 下肢静脈圧は、立った状態で足背静脈(そくはいじょうみゃく)(足のにある静脈)に測定針を刺して測ります。基準値は70~90mmHgです。運動を行なうとかなり低下します。
 静脈系血流のうっ滞(たい)(とどこおり)をおこす病気があると、安静時は基準値と変わりませんが、運動後の低下幅が少なくなります。
 ただし、静脈は動脈に比べてが薄く、いろいろな影響を受けて平らにつぶれることがあるため、部位によってはかなり血圧に変動があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android