コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常用炉心冷却系 ひじょうようろしんれいきゃくけいemergency core cooling system

世界大百科事典 第2版の解説

ひじょうようろしんれいきゃくけい【非常用炉心冷却系 emergency core cooling system】

原子炉の工学的安全施設の一つであって,冷却材喪失事故時などに原子炉内に冷却材を注入することにより,燃料の大規模な破損を防止し燃料を引き続き冷却し続けうる形状に保つことを目的として設置されるシステム。略してECCSと呼ぶ。軽水炉用のECCSの有効性を試験した模擬試験の結果をめぐって1970年代前半にアメリカでこの設計の妥当性に関する論争が行われたが,その後アメリカのLoFT(Loss of Flow Testの略)計画をはじめとする多数の炉内・炉外実験,およびこれらの結果を解析する熱流力計算プログラムの開発と検証により,実際の原子炉におけるECCS作動時の炉心挙動についての知見は格段に増大し,その有効性についての確信は深まりつつある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の非常用炉心冷却系の言及

【原子力発電論争】より

…AECは63年末から,原子炉動特性の研究,一次系の安全性研究,事故解析,核分裂生成物の挙動の研究,安全性テスト実験計画の5項目からなる安全性研究を計画していた。この最後の項目に関係するのが冷却材喪失事故の実験でLOFT(ロフト)(Loss of Fluid Test)計画と呼ばれ,非常用炉心冷却系(ECCS)の作動実験を含んでいた。これらの実施はおくれ,71年にECCSの模擬テストが行われたが,その結果,注入した水がうまく炉心を冷却しないということが判明した。…

※「非常用炉心冷却系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android