コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非感染性角膜潰瘍 ひかんせんせいかくまくかいようNon-Bacterial Corneal Ulcer

1件 の用語解説(非感染性角膜潰瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひかんせんせいかくまくかいよう【非感染性角膜潰瘍 Non-Bacterial Corneal Ulcer】

[どんな病気か]
 非感染性の潰瘍はいろいろな原因でおこりますが、多くは角膜(黒目(くろめ))の周辺部(結膜(けつまく)寄り)に生じた潰瘍をいいます。
[原因]
 自己免疫(じこめんえき)がかかわっているもの(モーレン潰瘍)、ブドウ球菌きゅうきん)に対するアレルギーがかかわっているもの(カタル角膜潰瘍)、関節リウマチなどの膠原病(こうげんびょう)にともなっておこるもの、角膜の知覚に関係する三叉神経(さんさしんけい)まひにともなっておこるもの、顔面神経まひでまぶたを閉じられず、角膜の表面がただれておこるものがあります。
[治療]
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)薬の点眼が効きますが、治療がむずかしいものもあります。神経まひの角膜潰瘍では、治療用ソフトコンタクトレンズを使用したり、まぶたが開かないよう一時的に縫ってしまうこともあります。
 専門医の指示に従って治療することがたいせつです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone