しんけい

普及版 字通「しんけい」の解説

【申】しんけい

重ねて戒める。

字通」の項目を見る

【新】しんけい

研ぎたて。

字通「新」の項目を見る

【榛】しんけい

服喪中に用いるかんざし

字通「」の項目を見る

【箴】しんけい

いましめる。〔国語、楚語上〕昔、衞の、年數九十五なり。ほ國に箴して曰く、より以下、師長士に至るまで、~老耄(らうまう)なりと謂ひて、我を舍(お)くこと無(なか)れ~と。

字通「箴」の項目を見る

圭】しんけい

官人

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android