コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非晶質半導体 ひしょうしつはんどうたいamorphous semiconductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非晶質半導体
ひしょうしつはんどうたい
amorphous semiconductor

アモルファス半導体ともいう。非晶質の固体のうち,温度上昇とともに電気伝導度が半導体的性質を示すものをいう。カルコゲン元素,あるいはこれと IV族,V族元素の混ざり合ったカルコゲン系非晶質半導体と,ゲルマニウムやシリコンなど IV族元素のみの非晶質半導体がある。原子配列が長距離秩序をもたないためバンド構造は定義できないが,結晶半導体の禁制帯に相当するものが存在する。光吸収による電子・正孔対生成や,電気伝導度がボルツマン定数を kB として exp (-E/kBT) ( E は活性化エネルギー,T は絶対温度) に比例して変化するなど,結晶半導体に似た性質をもっている。スイッチングやメモリ特性を利用した電子素子,あるいは光による非晶質の構造変化を利用した記憶素子などへの応用がある。また,p-n接合やショットキー障壁を用いる光起電力効果も発生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

非晶質半導体の関連キーワードエレクトロニクス史(年表)カルコゲナイドガラスアンダーソン固体物理学サチコン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android