コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁制帯 きんせいたいforbidden band

2件 の用語解説(禁制帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁制帯
きんせいたい
forbidden band

禁止帯ともいう。固体中の電子が存在しえないエネルギー帯をいう。存在しうるエネルギーと存在しえないエネルギーは帯状になることが量子論により示されている。純粋な結晶では禁制帯にエネルギー準位は存在しないが,結晶欠陥や不純物原子などが含まれると,禁制帯内に不純物準位呼ばれる電子の存在しうるエネルギー準位が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんせい‐たい【禁制帯】

結晶のバンド構造の中で、電子が存在できない領域。絶縁体半導体の場合、価電子帯の電子を励起して禁制帯のエネルギー幅を超えない限り、電流は流れない。広義には粒子のエネルギーが離散的な値を取る場合、あるエネルギー帯から別のエネルギー帯までの隙間を意味する。また、禁制帯のエネルギー幅をバンドギャップという。禁止帯。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

禁制帯の関連情報