非現業(読み)ひげんぎょう

大辞林 第三版の解説

ひげんぎょう【非現業】

企業などにおける管理・事務部門の仕事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐げんぎょう ‥ゲンゲフ【非現業】

〘名〙
現場で行なわれる労働業務に対して、一般的な管理事務部門をいう。
② 国や地方公共団体の事業のうち、現業事業以外の業務を行なう部門をいい、一般に比較的権力的性格を有する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の非現業の言及

【公企業】より

…これらは政府の部局であるが,一般会計とは区別されて特別会計によって処理されている。また,その労働関係は,国営企業労働関係法の適用を受け,国家(地方)公務員法の適用を受ける非現業と区別される。政府の現業はこのほかにも数多くあるが,それらは上記の三つの要件のうち(2)(3)の要件を具備しているかどうかに問題がある。…

※「非現業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android