一般(読み)いっぱん

精選版 日本国語大辞典「一般」の解説

いっ‐ぱん【一般】

〘名〙 (形動)
① 同一であること。また、そのさま。一様。同様。
※菅家文草(900頃)一・早春侍宴仁寿殿、同賦春雪映早梅「雪片花顔時一般、上番梅追歓
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「恰も行旅の始めて家を出で、百里の雲山を有無渺茫の間に望むと一般なる想ありしが」 〔陸亀蒙‐和襲美贈南陽潤卿将帰雷平詩〕
② 共通して全体にわたっていること。また、そのさま。普遍。⇔特殊
※地蔵菩薩霊験記(16C後)四「天武天皇白鳳十四年三月、当国の人民一般(ハン)に邪気を受」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「民生各箇の福利、并びに邦国一般の文運、日々に増盛することなり」
③ 特別な点がなく、ごくあたりまえであること。また、そのような人々やそのようなさま。普通。
※一局議院論(1885)〈植木枝盛〉一「初めて国会に代議市民を一般に召集したるは」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一三「一般(イッパン)の読者を未丁年者として見る目で、さう認めたのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一般」の解説

いっ‐ぱん【一般】

[名・形動]
広く全体に共通して認められ、行き渡っていること。また、そのさま。全般。「一般の傾向」「一般に景気が悪い」

㋐ありふれていること。あたりまえ。普通。「一般の会社」「一般市民」
㋑多くの普通の人々。世間。「一般に公開する」
特に違いが認められないこと。また、そのさま。同一。同様。
「私は彼女と同じい罪を犯したも―だ」〈犀星・性に覚める頃〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一般の言及

【西洋哲学】より

…〈インド哲学〉〈中国哲学〉といった呼び名は,おのれの文化のカテゴリーでもって他の文化をも裁断しうると考えるヨーロッパ人の中華思想の表れであるか,あるいはきわめて粗雑な類比にもとづく命名でしかない。してみれば〈哲学〉は,どの文化圏にも見られる一般的な世界観・人生観・道徳思想・宗教思想などとはやはり区別されねばならないものであろう。むろん西洋にもそうした世界観・人生観はあり,それが哲学のうちに混入したり,哲学知の実質的内容をなすことはあったにしても,それと哲学とのあいだには一線が画されるべきなのである。…

※「一般」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android