面蛸(読み)メンダコ

デジタル大辞泉の解説

めん‐だこ【面×蛸】

頭足綱メンダコ科のタコ深海にすむ。体は著しく平たく、直約20センチの円盤状で、短いは広い膜でつながっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

面蛸 (メンダコ)

学名:Opisthoteuthis depressa
動物。メンダコ科のタコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐だこ【面蛸】

〘名〙 メンダコ科のタコ。相模湾から九州にかけての水深一五〇~一五〇〇メートルにすむ。体は扁平な円盤状で、面を思わせるのでこの名がある。体高約六センチメートル、径約二五センチメートルに達し、黄褐色寒天質で、八本の腕は広い膜で連なり、腹面吸盤が一~二列に並ぶ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android