コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面道具 オモテドウグ

デジタル大辞泉の解説

おもて‐どうぐ〔‐ダウグ〕【面道具】

眉・目・鼻・口など顔に属する部分の総称。顔の造作。
「其他の―もまずくは無く」〈露伴・いさなとり
《代表的な道具の意から》その人の職業柄、または体面を保つうえに必要な道具。
「時々の着る物に相応の羽織、麻の上下、中脇差一腰は、町人の―なれば」〈浮・織留・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもてどうぐ【面道具】

目・鼻・口・眉まゆなど、顔の造作ぞうさく。 「 -ひとつ不足なく/浮世草子・五人女 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

面道具の関連情報