コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造作/雑作 ゾウサ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐さ〔ザウ‐|ザフ‐〕【造作/雑作】

手間や費用のかかること。めんどう。「―もなく事を運ぶ」「―を掛ける」
もてなし。ごちそう。
「飛んだ御―を頂きます」〈鏡花高野聖

ぞう‐さく〔ザウ‐〕【造作】

[名](スル)
つくること。こしらえること。
「其人物を―せば」〈逍遥小説神髄
家を建てること。また、その家。「離れを造作する」
建築内部の仕上げ材・取り付け材の総称。鴨居(かもい)敷居長押(なげし)天井・床・建具など。「造作に凝る」
顔の目や鼻のつくり。目鼻立ち。「造作の大きい派手な顔」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうさく【造作】

建築工事のうち,柱,はりなどの構造部材以外のもので大工職が担当する部分をいう。雑作の転訛した語といわれる。木造建築では,天井,床,階段,建具枠,床の間,押入れなどからなる。 伝統的な和風住宅の造作には,竿縁(さおぶち)天井,格(ごう)天井,板床畳寄せ,敷居,鴨居(かもい),無目(むめ),なげし,床の間のかまち,落し掛け,違棚書院などが用いられ,それらの部材の構成方法には一定の形式が存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうさく【造作】

( 名 ) スル
家を建てたり、手を入れたりすること。 「両親の隠居所を-する」
建物の内部の仕上げ工事。天井・床板・建具・棚・階段などを取り付けること。また、そのもの。
顔のつくり。目鼻立ち。 「顔の-がまずい」
つくること。また、つくられたもの。 「かりそめにも此理に心を注がずして、其人物を-せば/小説神髄 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

造作/雑作の関連キーワード大工工事(建設業許可の一種)米檜、米松、米ひば、米栂売り据え・売据えスケルトン渡し羽柄物・端柄物造作買取請求権家作り・家造りフィーチャーモデルルーム宮崎木材工業ウッドワンSI 住宅古屋・古家ガーデナーヤマザクラ手子の衆営造法式目鼻立ちマカンバ模様替え

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android