造作/雑作(読み)ゾウサ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐さ〔ザウ‐|ザフ‐〕【造作/雑作】

手間や費用のかかること。めんどう。「―もなく事を運ぶ」「―を掛ける」
もてなし。ごちそう。
「飛んだ御―を頂きます」〈鏡花高野聖

ぞう‐さく〔ザウ‐〕【造作】

[名](スル)
つくること。こしらえること。
「其人物を―せば」〈逍遥小説神髄
家を建てること。また、その家。「離れを造作する」
建築内部の仕上げ材・取り付け材の総称。鴨居(かもい)敷居長押(なげし)天井・床・建具など。「造作に凝る」
顔の目や鼻のつくり。目鼻立ち。「造作の大きい派手な顔」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうさく【造作】

建築工事のうち,柱,はりなどの構造部材以外のもので大工職が担当する部分をいう。雑作の転訛した語といわれる。木造建築では,天井,床,階段,建具枠,床の間,押入れなどからなる。 伝統的な和風住宅の造作には,竿縁(さおぶち)天井,格(ごう)天井,板床畳寄せ,敷居,鴨居(かもい),無目(むめ),なげし,床の間のかまち,落し掛け,違棚書院などが用いられ,それらの部材の構成方法には一定の形式が存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうさく【造作】

( 名 ) スル
家を建てたり、手を入れたりすること。 「両親の隠居所を-する」
建物の内部の仕上げ工事。天井・床板・建具・棚・階段などを取り付けること。また、そのもの。
顔のつくり。目鼻立ち。 「顔の-がまずい」
つくること。また、つくられたもの。 「かりそめにも此理に心を注がずして、其人物を-せば/小説神髄 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android