コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革新普及理論 かくしんふきゅうりろんinnovation diffusion theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

革新普及理論
かくしんふきゅうりろん
innovation diffusion theory

ロジャースが,革新の普及過程における対人的コミュニケーションの構造を「採用者カテゴリー」という仮説で示した理論。革新は革新者,初期採用者,前期追随者,後期追随者,遅滞者によって順次採用されるというものである。初期採用者は人々への影響力を持ち,オピニオン・リーダーとして普及に貢献するとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

革新普及理論の関連キーワードロジャース

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android