コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革新普及理論 かくしんふきゅうりろんinnovation diffusion theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

革新普及理論
かくしんふきゅうりろん
innovation diffusion theory

ロジャースが,革新の普及過程における対人的コミュニケーションの構造を「採用者カテゴリー」という仮説で示した理論。革新は革新者,初期採用者,前期追随者,後期追随者,遅滞者によって順次採用されるというものである。初期採用者は人々への影響力を持ち,オピニオン・リーダーとして普及に貢献するとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

革新普及理論の関連キーワードロジャース

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android