コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革足袋 カワタビ

2件 の用語解説(革足袋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわ‐たび〔かは‐〕【革足袋】

なめし革で作った足袋。
「濃い柑子(こうじ)の―、毛雪踏(けせった)をはきて」〈浮・二代男・二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の革足袋の言及

【足袋】より

…いずれも指股のない靴下状であったが,平安末期ころの草履,草鞋(そうかい)などの前鼻緒のついたはきものが親指と4指を分ける必要性を生じさせた。初めは武士が用いたが,室町時代には貴賤男女とも革足袋をはいた。武家では燻革(ふすべがわ)の足袋は戦場のみに限るとか,10月1日から2月20日までの冬に限るという規定もできて民間にも影響を与えた。…

※「革足袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone