コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染(め)革 ソメカワ

2件 の用語解説(染(め)革の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そめ‐かわ〔‐かは〕【染(め)革】

色や模様を染めつけた革。いろがわ。「染め革の財布」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

染革
そめかわ

皮革に、染料もしくは顔料を用いて色をつけたもの。最近革を使った手工芸が盛んに行われているが、革本来の味を生かしながら、より美しく豪華にとの願いから、なめし革を染めて色や模様をつける傾向がある。手芸として、手軽に革を染める方法があるので、その特徴をあげてみる。〔1〕ろうけつ染め 長い染色の伝統があり、しっとりと革になじむ色彩は、そこはかとなく暖かさを感じさせる特有の美しさのある染め。〔2〕描き染め 普通に絵を描くのと同じで、自分の思いどおりに色と造形が出せる。〔3〕ふき染め 絵柄全体の調子を整えたり、刻印の紋様をはっきりさせたりするのに用いられる方法。〔4〕ぼかし染め 絵柄に立体感を出させるのによい方法で、薄く地色を染め、紋様に沿ってだんだんと色を濃くしながらぼかしていく。〔5〕絞り染め 一色染めも多色染めもできるが、地の色、絞りの地色、それに絞りの上にかける色などにより、複雑で味わいのある染色ができる。
 革の染料には、化学染料(塩基性染料、酸性染料、アルコール染料、アクリル顔料)と植物染料(草木染料)とがある。化学染料は革によく染まる。革の種類によって染料を使い分けると、鮮やかな色、しっとりした色、柔らかい色を出すことができる。植物染料は初め色落ちすることがあり非実用的だが、趣味性に富み、自然の美しい色が楽しめる。ペンケース、定期入れ、財布などの小物から、被服、家具調度品に至るまで幅広くつくられ、使われている。[秋山光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染(め)革の関連キーワード色革小紋革摺り衣摺裳染め絣色幅腰変り染付け染付ける伊達染

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone