コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍状鉱脈 あんじょうこうみゃく saddle reef

1件 の用語解説(鞍状鉱脈の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

鞍状鉱脈

層状鉱脈の一種で,褶曲した地層の背斜の頂上部の隙間に形成された鉱脈.コンピーテント(competent)層とインコンピーテント(incompetent)層が続いた層が褶曲した頂上部分に見られる石英で充填された空洞である.例えば珪岩とスレートなどの場合がある.鞍部(saddle)は地背斜の頂上部では普通に見られるもので,断面では石英が褶曲を覆っていて,いわば鞍のように見える.良く知られた鞍状鉱脈オーストラリアヴィクトリア州のベンディゴ(Bendigo)の含金鉱床がある[Bateman : 1952,地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鞍状鉱脈の関連キーワード褶曲層位学地背斜複背斜向斜背斜背斜谷梯状鉱脈皺状層理弧盤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone