コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍状鉱脈 あんじょうこうみゃくsaddle reef

岩石学辞典の解説

鞍状鉱脈

層状鉱脈の一種で,褶曲した地層の背斜の頂上部の隙間に形成された鉱脈.コンピーテント(competent)層とインコンピーテント(incompetent)層が続いた層が褶曲した頂上部分に見られる石英で充填された空洞である.例えば珪岩とスレートなどの場合がある.鞍部(saddle)は地背斜の頂上部では普通に見られるもので,断面では石英が褶曲を覆っていて,いわば鞍のように見える.良く知られた鞍状鉱脈はオーストラリアのヴィクトリア州のベンディゴ(Bendigo)の含金鉱床がある[Bateman : 1952,地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android