コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍鋼憲法 あんこうけんぽうĀn gāng xiàn fǎ

1件 の用語解説(鞍鋼憲法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あんこうけんぽう【鞍鋼憲法 Ān gāng xiàn fǎ】

中国の企業管理方式の一つ。毛沢東が1960年初め,中国最大の鉄鋼コンビナート鞍山工場の経験を総括したものと言われる。企業経営において,党の指導性を強化するとともに,大衆路線方式をもち込むことを主眼にした。これに対峙するものが,ソ連の専門家を中心とする企業経営方式である。66年以後の文化大革命期には前者が唱道された。77年以降はこの方式は否定され,専門家方式となった。【小島 麗逸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone