コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍山 アンザン

デジタル大辞泉の解説

あんざん【鞍山】

中国遼寧(りょうねい)省中部の工業都市。付近に鉄を産し、中国最大の鉄鋼コンビナートがある。人口、行政区156万(2000)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鞍山【あんざん】

中国東北の遼寧省中南部,遼陽南方の都市。長大鉄路(長春〜大連)に沿い,中国最大の生産量をもつ鞍山鋼鉄公司の所在地。1918年満鉄南満州鉄道)が製鉄所を建設して以来,急速に発展。
→関連項目遼寧[省]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんざん【鞍山 Ān shān】

中国東北部の遼寧省に位置する鉱工業都市。人口118万7000(1981)。瀋陽~大連間の鉄道に沿い,製鉄業の中心都市,〈鉄鋼の都〉として知られている。鞍山付近は,鉄鉱石が豊富で,古く前漢時代(前3~後1世紀)に製鉄が行われていたという。遼の時代(916‐1125)にも鞍山鉱より鉱石を採掘し製鉄した記録があるが,現在の鞍山と十数kmはなれた所であった。ところでこの地は,北京から遼陽,遼陽から海州などに通じる要地で,明・清の交代期には,両者の衝突地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんざん【鞍山】

中国、遼寧りようねい省の都市。付近は鉄鉱の産地で、鉄鋼業が発達。アンシャン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞍山
あんざん / アンシャン

中国東北部、遼寧(りょうねい)省中部の地級市で、鉱工業都市。中国最大の製鉄の町である。常住人口350万3584(2012)。哈大(はだい)線(ハルビン―大連(だいれん))に沿い、鉄東(てつとう)、鉄西(てつせい)、立山(りつざん)、千山(せんざん)区の4市轄区と、岫岩(しゅうがん)満洲(まんしゅう)族自治県、台安(たいあん)県を管轄し、海城(かいじょう)市の管轄代行を行う(2016年時点)。1937年市制施行。市街地近郊に弓長嶺(きゅうちょうれい)(遼陽(りょうよう)市)、大孤山、斉大山、東鞍山、眼前山などの鉄山があり、また撫順(ぶじゅん)、本渓(ほんけい)の石炭、錦西(きんせい)、朝陽(ちょうよう)のマンガンなど製鉄に必要な他の原料産地も比較的近い。ただし、鉄鉱石としては貧鉱(低品位鉱)に属する。
 鞍山の鉄鉱石の採掘と製鉄は、戦国時代(前5~前3世紀)に始まるとされ、10世紀中葉から12世紀前半の遼代に非常に盛んであったといわれるが、明(みん)代以降、とくに清(しん)代には衰微していた。20世紀に入り、日本がこの資源に着目し、1918年(大正7)東北(満州)侵略の一環として鞍山製鉄所(現、鞍山鋼鉄集団)を建設した。1945年日本の敗北後、国民党の統治下で荒廃したが、中華人民共和国成立後急速に復興し拡張が行われた。
 製鉄のほか、機械、建築材料工業もあるが、製鉄中心の産業構造であることに変わりはない。生産量の点では鞍山鋼鉄集団は国内4位、世界7位(2015)である。千山区には鞍山騰鰲(とうごう)空港があり、北京(ペキン)、上海(シャンハイ)、広州(こうしゅう)と直行便で結ばれている。[河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鞍山の関連キーワードロンイエン(竜煙)鉄鉱山シェンヤン(瀋陽)特別市カクレハ高原キャンプ場ファンチャン(繁昌)県ウーフー(蕪湖)特別市南満州鉄道株式会社タントー(当塗)県中国とドーピング井上 匡四郎東北(地区)梅根 常三郎井上匡四郎赤木 由子梅根常三郎鞍山製鉄所アンシャン縞状鉄鉱層アン ホイ遼寧(省)露天掘り

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鞍山の関連情報