コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞏県鉄生溝遺跡 きょうけんてっせいこういせきGŏng xiàn tiě shēng gōu yí zhǐ

世界大百科事典 第2版の解説

きょうけんてっせいこういせき【鞏県鉄生溝遺跡 Gŏng xiàn tiě shēng gōu yí zhǐ】

中国,河南省鞏県南西約29kmの鉄生溝で1958‐59年に発掘された漢代製鉄遺跡。遺跡は嵩嶽の北麓にあり,付近に鉄鉱石採掘場がある。鉱石は遺跡の北東隅の加工場で麦粒ほどの大きさに砕かれた。製鉄炉は18基発見され,円形竪炉,長方形炉,5基併列の排列炉が主で,炒鋼(攪拌)炉,反射炉も各1基ある。円形竪炉には鞴(ふいご),排列炉には煙突が設けてある。燃料は木炭と石炭が合わせ使用された。製品の鋳造には溶炉があり,鑿(のみ),鍬,鋤,斧,鏃などを鋳造で,剣,錐などを鍛造で製作していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鞏県鉄生溝遺跡の関連キーワードグランド・キャニオン国立公園大谷川能登金剛大入川キンシャサクック[山]国後島タスマン[山]天王星日本国有鉄道

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android