コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韃靼漂流記 だったんひょうりゅうき

1件 の用語解説(韃靼漂流記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だったんひょうりゅうき【韃靼漂流記】

江戸初期,越前商人の韃靼国(清国)漂流の記録。《韃靼物語》《異国物語》ともよばれる。1644年(正保1)越前国坂井郡三国浦新保村の船頭竹内藤右衛門ら58人は三国港を出帆し,松前へ貿易に赴いたが,途中船が難破して今のロシア沿海州のポシエト湾に漂着した。生存者15名は清国政府の手厚い保護を受け,国都北京へ連行されたのち,翌45年朝鮮を経て日本へ送還された。この記録はその間の経緯を記したものであるが,時あたかも清朝が都を北京に遷した時期にあたり,当時の様子が生き生きと伝えられていて,貴重な記録となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韃靼漂流記の関連キーワード小商人韃靼奈良派松の葉商人の空誓文古薩摩伯庵微塵流喜多七大夫佐々木巌流

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone