韃靼漂流記(読み)だったんひょうりゅうき

世界大百科事典 第2版の解説

だったんひょうりゅうき【韃靼漂流記】

江戸初期,越前商人の韃靼国(清国)漂流の記録。《韃靼物語》《異国物語》ともよばれる。1644年(正保1)越前国坂井郡三国浦新保村の船頭竹内藤右衛門ら58人は三国港を出帆し,松前貿易に赴いたが,途中船が難破して今のロシア沿海州のポシエト湾に漂着した。生存者15名は清国政府の手厚い保護を受け,国都北京へ連行されたのち,翌45年朝鮮を経て日本へ送還された。この記録はその間の経緯を記したものであるが,時あたかも清朝が都を北京に遷した時期にあたり,当時の様子が生き生きと伝えられていて,貴重な記録となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android