松前(読み)まつまえ

精選版 日本国語大辞典「松前」の解説

まつまえ まつまへ【松前】

[1] 北海道南西部、渡島(おしま)半島南端の地名。もともとアイヌ民族が住みついていた土地であるが、鎌倉時代から和人が来住し、室町後期、武田信広(蠣崎信広)がコシャマインの戦いの後、道南を次第に占領。蠣崎氏五代慶広が秀吉・家康に所領安堵をうけて松前氏と改称し、江戸時代には松前氏の城下町。漁業が主。江戸初期から昭和一五年(一九四〇)まで福山と称した。
[2] 〘名〙 ((一)が名産地であったところから) 「こんぶ(昆布)」の俗称。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一一(1761)梅一「枩前と五嶋は恋のはれ道ぐ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「松前」の解説

松前
まつまえ

北海道の松前地方は昆布の名産地であったので、昆布を用いる料理に松前という文字を使う。松前煮は甘露(かんろ)煮の一種で、白焼きのハゼ、フナ、アユなどを甘露煮にして、これに昆布も煮て加えたもの。松前揚げは材料(エビ、サヨリなど)に小麦粉をまぶし、卵の白身をつけて細かく刻んだ昆布をまぶしてさっと揚げる。松前漬けは細く刻んだするめと昆布を加えてみりんじょうゆ漬けにしたものである。

多田鉄之助


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android