韋那部真根(読み)いなべの まね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韋那部真根 いなべの-まね

日本書紀」にみえる木工(こだくみ)。
韋那部(猪名部)は新羅(しらぎ)(朝鮮)からきた氏族という。どんなときも斧(おの)をふるう手元がくるわないとほこるので,雄略天皇が女官たちに裸相撲をとらせたところ,手元をくるわせる。死罪をいいわたされたが,処刑直前にゆるされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android