コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪名部 いなべ

1件 の用語解説(猪名部の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いなべ【猪名部】

為奈部とも書く。大和朝廷の職業部の一つで木工技術をもって仕えた。《日本書紀》によると,応神31年8月条の新羅王が船を造るために貢上した〈能匠者〉にはじまると伝え,同書雄略12年条に猪名部御田,翌13年条には猪名部真根が宮殿造営の木工として参加していることがみえる。《新撰姓氏録》左京神別の猪名部造(みやつこ),摂津未定雑姓の為奈部首(おびと)等は伴造(とものみやつこ)と考えられるが,いずれも物部氏の同族と称しており,《日本書紀》雄略18年条に猪名部が物部氏の〈所有〉とあることとあわせ,物部氏の管理下にあったものとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猪名部の関連キーワード県主稲置五畿七道蘇我部民屯倉大和朝廷大伴斎部和朝

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone