コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪名部 いなべ

世界大百科事典 第2版の解説

いなべ【猪名部】

為奈部とも書く。大和朝廷の職業部の一つで木工技術をもって仕えた。《日本書紀》によると,応神31年8月条の新羅王が船を造るために貢上した〈能匠者〉にはじまると伝え,同書雄略12年条に猪名部御田,翌13年条には猪名部真根が宮殿造営の木工として参加していることがみえる。《新撰姓氏録》左京神別の猪名部造(みやつこ),摂津未定雑姓の為奈部首(おびと)等は伴造(とものみやつこ)と考えられるが,いずれも物部氏の同族と称しており,《日本書紀》雄略18年条に猪名部が物部氏の〈所有〉とあることとあわせ,物部氏の管理下にあったものとみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

猪名部の関連キーワード三重県員弁郡東員町北大社三重県員弁郡東員町三重県いなべ市いなべ(市)東員(町)飛騨匠物語韋那部真根猪名部神社東員[町]春澄善縄

猪名部の関連情報