韓国国立中央博物館(読み)かんこくこくりつちゅうおうはくぶつかん(英語表記)Han'guk kukrip chungang pakmulgwan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓国国立中央博物館
かんこくこくりつちゅうおうはくぶつかん
Han'guk kukrip chungang pakmulgwan

韓国,ソウルにある博物館。隆煕1 (1908) 年発足の李王家博物館を母体とする,朝鮮総督府博物館 (1918年創設) 解放後に改称朝鮮戦争中は釜山に疎開したが 1953年に復帰,69年には徳寿宮美術館の旧李王家蔵品をも編入した。 72年8月景福宮と徳寿宮石造殿を本館とした。 86年旧朝鮮総督府の建物に移転。収蔵品は,先史時代から李朝時代にいたる朝鮮半島全域の考古出土品,絵画,工芸品など約 10万点。代表的なものに,『徳寿宮金銅半跏思惟像』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android