コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳寿宮 とくじゅきゅうTǒksugung

2件 の用語解説(徳寿宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳寿宮
とくじゅきゅう
Tǒksugung

韓国,ソウルにある朝鮮王朝 (李朝) 時代の王宮。この宮殿は本来は昌徳宮景福宮などとともに朝鮮王朝王族の邸宅であったが,第 14代の宣祖 (在位 1567~1608) が修築して王宮とした。第 26代の高宗 (在位 1863~95) は譲位ののち,徳寿宮李太王と称して日韓併合 (1910) 後,この宮殿で余生を過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

とくじゅきゅう【徳寿宮】

韓国の首都ソウルにある朝鮮王朝の宮殿。もともとは朝鮮王朝第9代国王のソジョン(成宗)の兄、ウォルサンテグン(月山大君)の邸宅だったが、豊臣秀吉文禄・慶長の役の後、漢陽(現在のソウル)に帰還した第14代国王のソンジョ(宣祖)が臨時の王宮としたほか、第15代国王の光海君や第26代国王・大韓帝国初代皇帝の高宗の住まいとなった宮殿である。◇「トクスグン」とも読む。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の徳寿宮の言及

【ソウル】より

…漢城の人口は初期の10万前後から李朝時代を通じて20万人前後に倍増した。李朝末期の大院君時代には,豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に焼失した景福宮の再建や行宮(別荘)として使用されていた徳寿宮の改築などが行われ,李朝最後の威容を誇った。 1910年,日韓併合と同時に漢城は京城と改称された。…

※「徳寿宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone