音便形(読み)オンビンケイ

デジタル大辞泉の解説

おんびん‐けい【音便形】

音便の結果生じた語形。特に、用言の一活用形が特定の語に続くときに音便の形をとる場合、その語形をもとの活用形に対していう。「咲く」の連用形「咲き」が「て」「た」に続くときにとる「咲い」の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんびんけい【音便形】

音便によって新たに生じた語形。特に、用言の連用形などが音便によって生じた語形に対していう。「書きて」に対する「書いて」の「書い」、「読みて」に対する「読んで」の「読ん」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おんびん‐けい【音便形】

〘名〙 音便によってきた語形。とくに、用言の連用形などが、音便の結果生じた語形を、もとの活用形に対していう。「書きて」に対する「書いて」の「書い」の類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android