コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響測位システム おんきょうそくいシステムacoustic positioning system

1件 の用語解説(音響測位システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響測位システム
おんきょうそくいシステム
acoustic positioning system

海上および海中の船舶等の位置を,超音波を用いて計測するシステム。海上の船の位置測定は,通常,ロランオメガ衛星航法などの電波航法装置が用いられている。測定精度は比較的良い条件でも 0.1カイリ (185.2m) 程度であるので,海上作業のようにさらに高い精度が要求される場合には,水中超音波を用いた音響測位システムが用いられる。一定周期で超音波を発信するピンガー,または超音波信号に応答するトランスポンダを,対象となる海域の海底に設置し,基準点とする。三角測量の原理を用いて船の位置を測定するもので,基準点には,LBL方式,SBL方式,SSBL方式がある。日本の深海潜水調査船しんかい 2000」および「しんかい 6500」と母船の位置測定にはこのシステムが採用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone