順序尺度量(読み)じゅんじょしゃくどりょう(英語表記)ordinal quantity

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

順序尺度量
じゅんじょしゃくどりょう
ordinal quantity

量の間には代数演算関係が存在しないが、他の同種の量があるときに、大きさに従い全体の順序関係を確立することができる、取り決めた測定手順によって定義できる量。
 順序尺度量においては、比(例)尺度量や間隔尺度量のように、加減乗除の演算をすることができず、単なる順序づけだけが可能である。順序尺度量の例としては、金属のロックウェルCスケール硬さ、石油燃料のオクタン価、地震強度を示すリヒター・スケールRichter scale(マグニチュードmagnitude)などがあげられる。
 順序尺度量は、経験的関係だけを示すものであり、測定単位も量の次元ももたない。また、順序尺度量の差および比に物理的な意味はない。[今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android