コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順縁 ジュンエン

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐えん【順縁】

仏語。仏道に入る善事としての縁。仏道に入る縁となる善事。⇔逆縁
年をとった者から順に死ぬこと。⇔逆縁

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんえん【順縁】

〘仏〙 聞法もんぼうなど人を仏道に導くべき出来事が原因で仏道に入ること。
親・子・孫という、老人・年長の者から順に死ぬこと。
▽↔ 逆縁

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の順縁の言及

【ソロレート】より

…またソロレートは,ベンバ族,ナバホ族などの母系社会でもみられる。日本でもヨメナオシ,順縁などと称され,イエの存続のため,あるいは残された子を他人の継母よりも叔母の手で育てさせるといった配慮と結びついて行われている。【末成 道男】。…

※「順縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

順縁の関連キーワードソロレート婚平重衡善事順逆仏道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android