須之部量三(読み)すのべ りょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須之部量三 すのべ-りょうぞう

1918-2006 昭和-平成時代の外交官,政治学者。
大正7年2月15日生まれ。昭和15年外務省にはいり,43年アジア局長。インドネシア大使,韓国大使などをへて56年事務次官。韓国から抗議をうけた歴史教科書問題の収拾にあたる。退官後,杏林大教授,日韓文化交流基金理事長などをつとめた。平成18年2月14日死去。87歳。熊本県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android