収拾(読み)しゅうしゅう

精選版 日本国語大辞典「収拾」の解説

しゅう‐しゅう シウシフ【収拾】

〘名〙 (「しゅうじゅう」とも)
① ひろいあつめること。ひろっておさめ入れること。
※田氏家集(892頃)中・元慶五年冬、大相国以拙詩草五百余篇始屏風十帖「常嗟雅頌聖時空、収拾博偏報国功」
※和漢朗詠(1018頃)上「書窓に巻有りて相収拾す 詔紙に文無くしていまだ奉行せず〈慶滋保胤〉」
② かたづけること。乱れた事態などをおさめること。とりまとめること。
※通俗赤縄奇縁(1761)三「酒肴卓子を収拾(シウジウ)(〈注〉トリカタツケ)し」
※事実の世紀(1939)〈河上徹太郎〉現代の頽廃について「収拾のつかない錯乱」 〔韓愈‐送高閑上人序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「収拾」の解説

【収拾】しゆうしゆう(しうしふ)

まとめる。整理する。〔後漢書、光武帝紀下〕日(さきごろ)地震あり、南陽尤も甚だし。~人の死し、或いは壞垣(くわいゑん)毀屋の下に在り、而して家(るいじやく)にして收拾することはざるは、其れ見(げん)(現)錢を以て取傭し、爲に之れを求せよ。

字通「収」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報