須賀 不二男(読み)スガ フジオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

須賀 不二男
スガ フジオ


職業
俳優

本名
蜂須賀 昭行

生年月日
大正7年 7月27日

出生地
兵庫県 淡路島

学歴
高輪中

経歴
大泉演技研究所を経て、昭和12年新興キネマに入社。その後、古川緑波一座、吉本歌劇隊を経て、戦後は劇団たんぽぽ、空気座と移り、27年松竹入社。手堅い演技の脇役として数多くの映画に出演、とくに時代劇の悪役で強烈な個性を発揮した。その後、テレビや舞台出演が中心となり、代表作に、映画「日本の悲劇」「まごころ」「早春」「東京暮色」「小早川家の秋」「座頭市」シリーズ、「昭和残侠伝」、テレビ「極楽への招待」「水戸黄門」「大風呂敷」、舞台「屋根の上のバイオリン弾き」「孤愁の岸」「毒薬と老嬢」などがある。晩年は竹中直人監督の映画「無能の人」「119」「東京日和」に出演した。

受賞
日本映画批評家賞(特別賞)〔平成7年〕

没年月日
平成10年 7月20日 (1998年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android