コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預金コスト よきんコストcost of deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預金コスト
よきんコスト
cost of deposit

銀行などの金融機関経営のコストを預金中心にみたもの。金融機関の経営コストは預金金利,人件費,その他の諸経費から成るが,預金コストはこれら総経費の当該金融機関の預金総額に対する比率として表わされる。金融機関は預金を吸収し,これを資金源として運用収益を上げる。したがって金融機関の収益率の計算は「運用資金収益率-預金コスト」となり,預金コストは銀行経営の重要な要素となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よきん‐コスト【預金コスト】

銀行が預金を集めるのに要した経費。預金利息・人件費・物件費などからなる。預金原価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よきんコスト【預金コスト】

銀行が預金を獲得するために要する経費。預金利息・人件費・宣伝費などからなる。預金原価。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

預金コストの関連キーワード資金コスト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android