領主権(読み)リョウシュケン

大辞林 第三版の解説

りょうしゅけん【領主権】

中世ヨーロッパの封建制下、領主が有した土地所有・人身支配・裁判の権利。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうしゅ‐けん リャウシュ‥【領主権】

〘名〙 中世ヨーロッパの封建領主の権利土地所有権、人格的支配権、領主裁判権から成る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

領主権の関連情報