コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地所有権 トチショユウケン

大辞林 第三版の解説

とちしょゆうけん【土地所有権】

法令の制限内で土地を自由に使用・収益・処分できる権利。その土地の上下、すなわち上空および地下にも及ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の土地所有権の言及

【所有権】より

…そして,これをうけて,民法206条は〈所有者ハ法令ノ制限内ニ於テ自由ニ其所有物ノ使用,収益及ヒ処分ヲ為ス権利ヲ有ス〉と規定した。また,土地所有権について207条で〈土地ノ所有権ハ法令ノ制限内ニ於テ其土地ノ上下ニ及フ〉と規定した。 所有権絶対の原則は,フランスの民法学が19世紀半ば権利濫用の法理を確立してから修正を受けるようになる。…

【土地問題】より

…土地に対する支配力は,それぞれの社会のそれぞれの歴史段階によって異なっているが,資本主義社会においては一般に土地に対する所有権とよばれるものであり,特定の土地片に対して排他的に使用,収益,処分する権利を指すと考えられている。土地所有権は,契約の自由とならんで資本主義社会における法の精神ともいうべきものであり,したがって資本主義社会にあっては国家という政治機構は土地所有権を保護する機能を期待されている。しかし,少数者の土地に対する支配力が,支配力を持たない多数者の貧困の原因と考えられるときには,土地を持つ者と持たざる者との間には鋭い階級的な対立が生ずることになる。…

※「土地所有権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土地所有権の関連キーワードライーヤトワーリー制度沖縄県島尻郡南大東村沖縄県島尻郡北大東村グーツヘルシャフトアンナ・イワノブナ農事法[フランス]ジャールカンド州ザミーンダールパトロキニウム土地調査事業フェニアン団井戸村与六ウィルソン甲斐道太郎裁判至要抄法曹至要抄排日土地法手継ぎ証文永代借地権一田両主制

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地所有権の関連情報