土地所有権(読み)トチショユウケン

  • とちしょゆうけん ‥ショイウケン
  • とちしょゆうけん〔シヨイウケン〕

大辞林 第三版の解説

法令の制限内で土地を自由に使用・収益・処分できる権利。その土地の上下、すなわち上空および地下にも及ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 土地を自由に使用、収益、処分できる権利。資本の最も基本的な法的形態で、各種の所有権のうち中心的地位を占める。その範囲は法令の制限内において土地の上空・地下に及ぶ。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉四「近くは又愛蘭土の如き多年英人の為に占領せられたる自由の権をも土地所有権をも恢復せんとするの機会を得たるにあらずや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の土地所有権の言及

【所有権】より

…そして,これをうけて,民法206条は〈所有者ハ法令ノ制限内ニ於テ自由ニ其所有物ノ使用,収益及ヒ処分ヲ為ス権利ヲ有ス〉と規定した。また,土地所有権について207条で〈土地ノ所有権ハ法令ノ制限内ニ於テ其土地ノ上下ニ及フ〉と規定した。 所有権絶対の原則は,フランスの民法学が19世紀半ば権利濫用の法理を確立してから修正を受けるようになる。…

【土地問題】より

…土地に対する支配力は,それぞれの社会のそれぞれの歴史段階によって異なっているが,資本主義社会においては一般に土地に対する所有権とよばれるものであり,特定の土地片に対して排他的に使用,収益,処分する権利を指すと考えられている。土地所有権は,契約の自由とならんで資本主義社会における法の精神ともいうべきものであり,したがって資本主義社会にあっては国家という政治機構は土地所有権を保護する機能を期待されている。しかし,少数者の土地に対する支配力が,支配力を持たない多数者の貧困の原因と考えられるときには,土地を持つ者と持たざる者との間には鋭い階級的な対立が生ずることになる。…

※「土地所有権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地所有権の関連情報