コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼憲 らいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼憲 らいけん

?-? 南北朝時代の荘官。
東寺領播磨(はりま)(兵庫県)矢野荘の雑掌(ざっしょう)。延文4=正平(しょうへい)14年(1359)以後地頭飽間(あくま)光泰の非法室町幕府に再三提訴。幕府は訴えをみとめ,播磨守護赤松則祐(のりすけ)に飽間の非法停止を命じたが実効はなかった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

頼憲の関連キーワード南北朝時代大林千萬樹荘官

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android