コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延文 エンブン

大辞林 第三版の解説

えんぶん【延文】

北朝の年号(1356.3.28~1361.3.29)。文和の後、康安の前。後光厳ごこうごん天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えんぶん【延文】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1356年から1361年まで、後光厳(こうごん)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は文和(ぶんな)。次元号は康安(こうあん)。1356年(文和5)3月28日改元。兵革(戦乱)の凶事を断ち切るために行われた。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。延文年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝は正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)、足利義詮(よしあきら)(2代)。尊氏は1358年(延文3/正平13)に死去し、同年末に義詮が朝廷から征夷大将軍に補任された。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

延文の関連キーワード青蓮院宮尊円法親王筑後川の戦い友重(2代)尊悟入道親王新千載和歌集徳大寺公清姉小路高基隆雅(1)宇都宮隆房安福殿女御世良田義周隆憲(2)興信法親王志賀頼房赤松範実赤松氏範叔芳周仲二条為定近衛兼嗣一色直氏

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android