延文(読み)エンブン

大辞林 第三版の解説

えんぶん【延文】

北朝の年号(1356.3.28~1361.3.29)。文和の後、康安の前。後光厳ごこうごん天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えんぶん【延文】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1356年から1361年まで、後光厳(こうごん)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は文和(ぶんな)。次元号は康安(こうあん)。1356年(文和5)3月28日改元。兵革(戦乱)の凶事を断ち切るために行われた。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。延文年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝は正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)、足利義詮(よしあきら)(2代)。尊氏は1358年(延文3/正平13)に死去し、同年末に義詮が朝廷から征夷大将軍に補任された。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android