コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額帯反射鏡 がくたいはんしゃきょうhead mirror

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

額帯反射鏡
がくたいはんしゃきょう
head mirror

直径約 10cm,焦点距離 20cm前後の,中央に小孔の開いた凹面鏡。耳や鼻腔のように暗くて狭い腔内を観察する際に医師が用いる。頭に装着し,光源を患者の横において,その光が凹面鏡で反射して観察対象のところで焦点を結ぶように調節し,中央の小孔を通して腔内を観察する。耳鼻咽喉科でよく用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がくたい‐はんしゃきょう〔‐ハンシヤキヤウ〕【額帯反射鏡】

額帯鏡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

額帯反射鏡の関連キーワード遊動円木最上型重巡洋艦曲管地中温度計ザラエノハラタケ(粗豪柄原茸)ジャノヒゲ海氷シロチョウガイマベガイイワシアブラギリ(油桐)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android