コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額帯反射鏡 がくたいはんしゃきょう head mirror

1件 の用語解説(額帯反射鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

額帯反射鏡
がくたいはんしゃきょう
head mirror

直径約 10cm,焦点距離 20cm前後の,中央に小孔の開いた凹面鏡。耳や鼻腔のように暗くて狭い腔内を観察する際に医師が用いる。頭に装着し,光源を患者の横において,その光が凹面鏡で反射して観察対象のところで焦点を結ぶように調節し,中央の小孔を通して腔内を観察する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

額帯反射鏡の関連キーワードズームレンズ単焦点レンズ超望遠レンズ過焦点距離バリフォーカルレンズフランジ焦点距離F数ケプラー望遠鏡後側焦点距離前側焦点距離

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

額帯反射鏡の関連情報