額髪(読み)ヌカガミ

  • ▽額髪
  • ひたいがみ ひたひ‥
  • ひたいがみ〔ひたひ〕

デジタル大辞泉の解説

ひたいの上の髪。まえがみ。ひたいがみ。
「肥人(こまひと)の―結へる染木綿(しめゆふ)の染(し)みにし心我忘れめや」〈・二四九六〉
額にかかる髪。まえがみ。ぬかがみ。
女性の額から左右に分けて頰(ほお)や肩まで垂らした髪。
「―もしとどに泣きぬらしみだれかかるも知らず」〈・一八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ひたいの上の髪。ひたいの上で束ね結う髪。ひたいがみ。前髪。
※万葉(8C後)一一・二四九六「肥人(こまひと)の額髪(ぬかがみ)結へる染木綿(しめゆふ)の染みにし心我れ忘れめや」
〘名〙 額にかかる髪。また、古くは額から左右の頬に分けてたらし、肩のあたりで切りそろえたもの。ぬかがみ。まえがみ。
※枕(10C終)一八九「ひたひがみもしとどに泣きぬらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android