コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬか ヌカ

3件 の用語解説(ぬかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬ‐か

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連体形+係助詞「か」。上代語》(多く「も…ぬか」の形で)詠嘆の気持ちをこめた願望の意を表す。…ないかなあ。…てほしい。
「ひさかたの天の川津に舟浮けて君待つ夜らは明けずもあら―」〈・二〇七〇〉
[補説]「ぬか」の「ぬ」にはすでに打消しの意は失われているところから、一語で願望の終助詞とみる説もある。→ぬかも

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぬか

( 終助 )
〔上代語〕
動詞の未然形に付いて、願望の意を表す。…てくれないかなあ。…てほしいなあ。 「我妹子ははやも来-と待つらむを沖にや住まむ家付かずして/万葉集 3645」 「この見ゆる雲ほびこりてとの曇り雨も降ら-心足らひに/万葉集 4123」 〔本来は、上代における打ち消しの助動詞「ぬ」に係助詞「か」の付いた語とみられるが、「ぬ」にはすでに打ち消しの意が薄れて、「ぬか」で願望の意を表す助詞化したものとされる〕

ぬか

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の連体形「ぬ」に疑問の係助詞「か」の付いたもの〕
打ち消しの意を込めた疑問の意を表す。…ないのか。 「今は来じと思ふものから忘れつつ待たるることのまだもやま-/古今 恋五」 「親の顔はゆかしきものとこそ聞け。さもおぼされ-/源氏 玉鬘

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬかの関連キーワード思わぬざめりざる明け遣らぬあられぬ動かぬ適わぬ消え遣らぬ覚め遣らぬざらし

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぬかの関連情報