風に櫛り雨に沐う(読み)かぜにくしけずりあめにかみあらう

精選版 日本国語大辞典「風に櫛り雨に沐う」の解説

かぜ【風】 に 櫛(くしけず・かしらけず)り雨(あめ)に=沐(かみあら)う[=沐(ゆするあみ)す]

(「荘子‐天下」の「沐甚雨、櫛」による) 風雨にさらされて、ひどく苦労をする。さまざまな苦労を体験することにいう。雨(あめ)に沐(かみあら)い、風に櫛(くしけず)る。櫛風沐雨(しっぷうもくう)
書紀(720)欽明六年一一月(寛文版訓)「櫛風沐雨(かぜニカシラケツリあめニユスルアミシ)て、草を藉(まくらにし)て荊(しば)を班(しきゐする)ことは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android