風に櫛り雨に沐う(読み)カゼニクシケズリアメニカミアラウ

大辞林 第三版の解説

かぜにくしけずりあめにかみあらう【風に櫛り雨に沐う】

〔荘子 天下「沐甚雨、櫛疾風」〕
風雨にさらされて苦労すること。さまざまな苦労を体験するたとえ。櫛風沐雨しつぷうもくう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かぜ【風】 に 櫛(くしけず・かしらけず)り雨(あめ)に=沐(かみあら)う[=沐(ゆするあみ)す]

(「荘子‐天下」の「沐甚雨、櫛疾風」による) 風雨にさらされて、ひどく苦労をする。さまざまな苦労を体験することにいう。雨(あめ)に沐(かみあら)い、風に櫛(くしけず)る。櫛風沐雨(しっぷうもくう)
※書紀(720)欽明六年一一月(寛文版訓)「櫛風沐雨(かぜニカシラケツリあめニユスルアミシ)て、草を藉(まくらにし)て荊(しば)を班(しきゐする)ことは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android