コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風待 かぜまち

世界大百科事典内の風待の言及

【泊】より

…船舶の寄航・停泊のための風波を防ぐ海岸地形や諸施設(防波堤など),あるいはそれを含む港湾全体をいう。とくに古代・中世,海岸に沿って航行する地乗り航法の時代には風待・潮待などのための泊の設置が必須であり,中世ではしばしば〈津泊〉と連称された。奈良時代,行基によって創設されたとされる東部瀬戸内海の五泊(河尻,大輪田,魚住,韓,室)が,船で1日行程の距離をおいて置かれていたのは著名な例である。…

※「風待」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風待の関連キーワード青森県西津軽郡深浦町深浦福島県いわき市小名浜三崎(神奈川県)隠岐の島(町)マントーイング美保関[町]佐賀関[町]野母崎[町]島根[町]志摩(市)男鹿[市]牛窓[町]瀬戸[町]タウランガ鳥羽[市]室戸[市]富来[町]深浦[町]三浦[市]下田[市]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風待の関連情報