コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風穴を開ける カザアナヲアケル

デジタル大辞泉の解説

風穴(かざあな)を開(あ)・ける

槍・鉄砲の弾丸などで、胴体を貫く。「どてっぱらに―・けてやるぞ」
転じて、閉塞感のある組織や事態などに新風を吹き込む。「寡占市場に―・ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かざあなをあける【風穴を開ける】

槍で突いたり、銃で撃ったりして、体に穴をあける。 「どてっぱらに-・けてやるぞ」
閉塞状態にある組織などに、新風を吹き込む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風穴を開けるの関連情報