飛ぶ鳥を落とす(読み)とぶとりをおとす

ことわざを知る辞典「飛ぶ鳥を落とす」の解説

飛ぶ鳥を落とす

空を飛んでいるも圧倒されて落ちるほどの勢いである。権勢や威勢のさかんなさまのたとえ。

[使用例] 明治から大正にかけて、一時、色物席の天下をとって、飛ぶ鳥を落とす勢いのあった談洲楼天枝の落とし子だという話である[安藤鶴夫*巷談本牧亭|1964]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android