安藤鶴夫(読み)あんどうつるお

日本大百科全書(ニッポニカ)「安藤鶴夫」の解説

安藤鶴夫
あんどうつるお
(1908―1969)

作家、演劇評論家。東京生まれ。父は義太夫(ぎだゆう)の竹本都太夫(みやこだゆう)。法政大学仏文科卒業。1939年(昭和14)都新聞(現、東京新聞)に入社、能記者として活躍。1946年から雑誌『苦楽(くらく)』に『わが落語鑑賞』を執筆、好評を得た。1947年から『読売新聞』の劇評を担当し、歌舞伎(かぶき)、文楽落語などの評やエッセイを書く。小説や戯曲も書き、1964年『巷談本牧亭(こうだんほんもくてい)』で直木賞を受賞。浅草生まれの東京人らしい、明快で率直な語り口に特色があった。

水落 潔]

『『安藤鶴夫作品集』全6巻(1970~1971・朝日新聞社)』『『わが落語鑑賞』(1965・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「安藤鶴夫」の解説

安藤鶴夫
あんどうつるお

[生]1908.11.16. 東京
[没]1969.9.9. 東京
演劇評論家,小説家。本姓,花島。父は義太夫の8世竹本都太夫。 1934年法政大学仏文科卒業。 39~47年『都新聞』記者として文楽,落語評を担当。『読売新聞』の劇評,芸談聞き書きなどに活躍したが,のち小説に手を染め,寄席演芸の世界を描いた『巷談本牧亭』 (1962) で直木賞を受けた。ほかに『落語鑑賞』 (46) ,『三木助歳時記』 (68~69) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「安藤鶴夫」の解説

安藤鶴夫 あんどう-つるお

1908-1969 昭和時代の演劇評論家,小説家。
明治41年11月16日生まれ。義太夫(ぎだゆう)の8代竹本都太夫の子。昭和14年都新聞にはいる。のち読売新聞にうつり歌舞伎,文楽,落語などの批評を担当した。39年「巷談本牧亭(こうだんほんもくてい)」で直木賞。昭和44年9月9日死去。60歳。東京出身。法大卒。本名は花島鶴夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「安藤鶴夫」の解説

あんどう‐つるお〔‐つるを〕【安藤鶴夫】

[1908~1969]演劇評論家・小説家。東京の生まれ。本姓、花島。愛称「あんつる」。父は義太夫の8代目竹本都太夫(みやこだゆう)。都新聞(東京新聞の前身)の芸能記者として落語文楽などの伝統芸能の批評を執筆。江戸っ子らしい歯切れのよい文体で知られた。「巷談本牧亭(こうだんほんもくてい)」で直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「安藤鶴夫」の解説

あんどうつるお【安藤鶴夫】

1908‐69(明治41‐昭和44)
演劇評論家,小説家,随筆家。東京浅草生れ。本名花島鶴夫。父は8代目竹本都太夫。法政大仏文科卒後,都新聞社に入り,1947年に退社,50年に読売新聞社嘱託となる。《都新聞》で文楽,落語の批評を担当,著書《落語鑑賞》は名著とされた。《読売新聞》やラジオで劇評をおこなったが,俳優の芸への感動を言葉にするのを特色とした。久保田万太郎に傾倒して,62年には講談に生命を賭けた講釈師をめぐる下町人情の世界を描く《巷談本牧亭(こうだんほんもくてい)》を発表,直木賞を受賞した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の安藤鶴夫の言及

【本牧亭】より

…1857年(安政4)に軍談席本牧亭として始められた。本邦唯一の講談席として,安藤鶴夫の小説《巷談本牧亭》(1962年新聞連載,1963年単行本)の舞台にもなった特異な席だったが,のちには,1ヵ月のうち数日間だけ講談で興行し,その他の日は,落語,講談,浪曲,新内などの独演会などに貸すという形式を採るようになった(1990年閉鎖)。江戸末期から明治初期にかけては,1階が住居,2階が寄席という建物が多かったが,本席はその面影をとどめる建築様式(現在の建物は1972年に新築開場)を採っている。…

※「安藤鶴夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android