飛過(読み)とびすぎる

精選版 日本国語大辞典「飛過」の解説

とび‐す・ぎる【飛過】

〘自ガ上一〙 とびす・ぐ 〘自ガ上二〙
① とんで通過する。
今昔(1120頃か)三「三千大千世界を飛過て」
② 心が移りやすく、いつも遊女をかえて買う。
浮世草子・新吉原常々草(1689)下「飛過(トビすぎ)たる人とはきのふまでは〈〉まんぢ屋のこざつまにあふかと思へば、けふは〈略〉三浦のかせ山にたはぶれける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android