飛鳥歴史公園(読み)あすかれきしこうえん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥歴史公園
あすかれきしこうえん

奈良県中西部、高市(たかいち)郡明日香村(あすかむら)に設けられた国営公園。面積59.7ヘクタール。1970年(昭和45)の閣議決定「飛鳥地方における歴史的風土及び文化財の保存等に関する方策の一環としての都市公園の整備について」に基づく事業として造成された。石舞台(いしぶたい)、祝戸(いわいど)、甘樫丘(あまかしのおか)、高松塚周辺、キトラ古墳周辺(未供用、2001年閣議決定)の5地区からなり、道路、園地、広場などが整備がされている。また、2008年(平成20)の閣議決定により特別史跡平城宮跡区域(未供用、奈良市、計画面積132ヘクタール)が追加され、飛鳥・平城宮跡歴史公園となったが、通常は飛鳥歴史公園、平城宮跡歴史公園と別々によばれることが多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥歴史公園の関連情報