コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘樫丘 あまかしのおか

世界大百科事典 第2版の解説

あまかしのおか【甘樫丘】

奈良県明日香村の飛鳥川沿いの低丘陵。甘橿岡とも記す。同村豊浦の向原寺の西隣に,甘樫坐神社が所在する。神社の背後から南東方向に,飛鳥川に沿って低丘陵が続く。丘陵の最高所を,現在,〈甘樫丘〉と通称しているが,甘樫坐神社の存在を考えると,低丘陵全体を甘橿岡・逝回岳(ゆきみのおか)と称したのであろう。允恭朝に,姓(かばね)の混乱を正すため,盟神探湯(くかたち)を行ったと伝える。644年(皇極3)に,大臣蘇我蝦夷(えみし)とその子の入鹿(いるか)が,家を〈甘橿岡〉にならび起こしたこと,659年(斉明5)3月に,〈甘橿丘〉の東の河原で,須弥山を造って蝦夷を饗したことが著聞する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

甘樫丘の関連キーワード奈良県高市郡明日香村豊浦奈良県高市郡明日香村国営飛鳥歴史公園飛鳥/明日香明日香[村]飛鳥歴史公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甘樫丘の関連情報